CAD-VDIの活用について

CAD-VDI

CAD-VDIとはデスクトップ仮想化+グラフィック仮想化による
ワークステーション環境の仮想化の事を言います。
これにより今までVDI上での動作が困難であったグラフィックパワーを必要とする
CADやCAEなどをVDI上で利用する事が可能となります。

CAD-VDI導入のメリット

  • 業務効率の改善

    • 遠隔利用(国内のリモート拠点からの設計作業の実現)
    • ドキュメントの作成効率向上(CAD環境とOA環境を同時に利用)
    • データダウンロード時間が大幅短縮
    • レイアウト変更が容易
    • ワークステーションの共有利用による利用率向上
  • 管理性の向上

    • リモートオフィスのユーザからのワークステーション払い出し要求に迅速に対応
    • 各拠点のワークステーションをデータセンターに集約し管理面の向上
    • 迅速な障害対応✓セキュアな環境の実現
  • 作業環境の向上

    • 安全性の確保
    • ワークステーションの騒音削減
    • 冷房効率の向上

設計者のワークスタイル変革

さらに設計者のワークスタイルの多様化やリモートワークの推進に繋がってます

活用シーン

設計業務エリアの制約解除

CAD-VDI導入前はWS端末利用時は専用エリアに設置し、設計業務を行う際は執務エリアから移動しないと使えない。
CAD-VDI導入後は自席から導入後はOA端末でCAD環境の利用が可能、且つ自席から異なるバージョンのCADも利用可能。
在宅勤務時や外出時でもCAD画面を転送できるため、場所を選ばず作業ができるように。

導入事例

CAD-VDIの導入事例をご紹介します。

澁谷工業様

澁谷工業様

GPU仮想化機能で3D CAD環境を
エンジニアに提供

設計エンジニアが製品の設計を行う3D CADの環境をサーバ上で仮想化する仮想デスクトップシステム(以下、VDI)を導入。3D CADシステムをVDI化したことにより、設計エンジニアは自分のノートパソコンからいつでも3D CADシステムを利用することが可能になり、作業効率が向上した。さらに、管理面では3D CADのライセンスの最適化やVDI環境の利用状況等も把握することが可能となり、管理負荷の軽減に効果を発揮している。

詳しく見る
日立建機様

日立建機様

3D CADを担う 物理クライアントの
仮想化推進

日立建機株式会社は、油圧ショベルを主力とする建設機械や、鉱山用ダンプトラックなどの製造・販売からアフターサービスをグローバルに展開する総合建設機械メーカーだ。
同社ではCTC の支援のもと、設計部が活用する3D CADのクライアント環境をサーバ上に仮想化するDI(Virtual Desktop Infrastructure)化を推進。デスクトップPCと3D CAD 用ワークステーションのシームレスな統合を進め、開発効率の向上や管理の一元化による迅速な対応、そして負荷軽減などを実現した。

詳しく見る