個人投資家の皆様へ

投資家の皆様に、CTCの取り組みや強み、成長可能性をお伝えします

CTCで働く人々01

このコーナーでは、幅広いノウハウや高度な技術を持つ人材もCTCの社員を紹介します。前章で取り上げた金融業界を支えるシステムを担当する社員を紹介します。

高い視座と広い視野を心掛け、
新しいビジネスを創造 ビジネス企画 福永圭佑さん
10年にわたり、メガバンク向けの市場リスク管理システムを担当しました。様々な市場の状況をモニタリングして資産の損失が極小化するようにリスクを予測したり、管理を行うもので、複雑かつ膨大な量のデータ処理を担うシステムのため、アプリケーション開発はもちろん、データ分析の習得につながりました。
現在は、金融系のお客様に新しいサービスやソリューションを発掘し、企画・立案を行っています。提案活動やプロジェクトアドバイザーを務めることもあります。
今後、エンジニアには幅広い知見をコンバージェンス(融合・統合)する能力が重要で、職種にとらわれず社会価値の向上にどう貢献できるのか、という視点も求められます。一つの道を極めることも多くの技術を俯瞰することも可能で、挑戦を認める土壌があるCTCでは、お客様とともに社会に貢献できるエンジニアという仕事に充足感を得られています。

CTCで働く人々02

前章で取り上げたように、幅広い技術力がCTCの強みの一つです。ここでは、日々様々な技術の習得に励んでいる社員を紹介します。

手を動かして技術を身に付け、
お客様の業務を理解して
エンジニアの強みにつなげる システム運用 若林奈都美さん
様々な開発案件の設計・製造・試験・リリースまでを経験した後、大規模なチームでウォーターフォール型開発のノウハウを習得しました。
現在は、小売業のお客様向けに、決済・ポイント関連システムの開発・運用、性能や品質の強化、新たな機能の追加など、エンハンス業務に従事しています。システム開発では、システム面はもちろん、決済・ポイントサービスを扱う上で必要となる店舗から本社会計までの業務の流れを理解することが強みになります。システム開発では「自ら手を動かし作ること」が何よりもスキルの習得には重要で、先進技術を持ち、手も動かせる(開発できる)エンジニアが強く求められる時代です。CTCでは技術を身に付けられる環境も整っており、日々成長を実感することができます。

成長の柱となる注力テーマ

皆様の生活を大きく変革するITテクノロジー。CTCが今後取り組みを加速する注力テーマ、DXとクラウド、5Gを紹介します。

DX

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、先進のデジタル技術によって業務や製品・サービスを変革し、市場での競争優位を確保するための取り組みです。近年、世界中の企業がDXの取り組みに力を入れています。
CTCは、顧客企業と生活者のためのDXを通じて新たな価値を創出します。
お客様のDXに貢献できるよう、コンサルティングからサービス、ソリューション、プロダクトなどトータルにサポートできる基盤を構築しています。また、お客様企業の新事業開発をDXで後押しするサービスも提供しています。
新しい価値を提供できるよう、DXによってお客様企業を支援し続けていきます。

  • DXへの取り組み
  • 未来技術研究所
動画で解説「ITなぞかけの朝」_DX編新しいウィンドウで開く
クラウド

クラウドとは、ユーザーがハードウェアやソフトウェアを用意しなくても、インターネット環境があればどの端末でも利用できるサービスのことです。クラウドを通じて、ソフトウェアやプラットフォーム、ストレージ環境など様々なサービスを提供することができます。
クラウドサービスは企業の業務に欠かせません。適切に利用すれば、ビジネスを加速させ、新たな価値を創出するきっかけとなります。
CTCではこれまでクラウドビジネスを強化・拡大し、多くの案件を手掛けてきました。
今後はDXを支えるクラウドサービスを包括的に拡充し、あらゆる業種のお客様が安心して使用できるクラウドサービスをワンストップで提供していきます。

動画で解説「ITなぞかけの朝」_クラウド編新しいウィンドウで開く
5G

5Gとは、第5世代移動通信システムのことで、「超高速・大容量」「多数同時接続」「低遅延」の特徴を持ちます。
「超高速・大容量」により、4Gと比べて約20倍の通信速度の向上につながります。データのダウンロードが短時間ででき、配信映像の高画質化などが期待できます。「多数同時接続」は、大量の情報を一度に収集・解析することができるため、混雑回避や自然災害の予測に役立てられます。「低遅延」により、離れた場所との通信がリアルタイムで行うことができます。自動運転や遠隔操作への活用が期待されています。
このように5Gの普及により、社会全体のデジタル化を実現することができ、多くの人がITの恩恵を受けることが期待されます。CTCは、5Gインフラの構築に取り組み、そこで得た技術や知見をもとに、新たな価値を生み出す5G活用ビジネスを展開していきます。これにより、ひと・もの・情報がシームレスにつながる社会を実現します。

動画で解説「ITなぞかけの朝」_5G編新しいウィンドウで開く

人材戦略

人材戦略イメージ図

CTCは、社員が目指すべき人物像を「変化を楽しみ、変化を自ら主導し多様性を価値に変えることができる創造性豊かな人材」としています。そのような社員を育むため、人材戦略の方針には「挑戦」と「成長」を掲げ、社員の挑戦を支援する環境づくりに努めるとともに、一人ひとりが自ら考えて行動する「自律」と、多様な考え方を持つ人々が力を合わせて目的に挑む「協働」という考え方の浸透を図っています。

株主還元

当社は株主の皆様への利益還元を重要な経営課題として認識し、安定的な配当に努めるとともに、業績に応じた利益還元を重視し内部留保金とのバランスを考慮しながら、配当水準を高めることを基本方針としています。

CTCで働く人々03

CTCの次の成長の柱となるテーマの一つ、DXに取り組む社員を取り上げます。

お客様と伴走し、
情熱を未来へ実装する DX 神原宏行さん
担当する業界または地域のお客様と直接やり取りをするフロント事業グループを全社横断的に支援する組織において、ソリューションの管理や、新技術の導入、自社クラウドサービスの企画・開発などの業務を経験しました。現在は、2021年度に新設された「新事業創出・DX推進」という組織で、お客様とともにアイディアを出しながら新事業の開発を後押しするサービス「build service」を推進するチームを統括しています。今までもとにかく「やったことがないことはやってみる」という精神で様々な失敗を成功につなげ、スキルを身に付けてきました。エンジニアは「好奇心」と「自ら学習する能力」が何より大切です。挑戦を奨励する文化があるCTCで、未知の領域にチャレンジしていきたいと思います。

業績ハイライト/株主通信/個人投資家向け会社説明会