マテリアリティ(重要課題)

CTCグループは企業理念及びサステナビリティに関する考え方の下、マテリアリティを特定しています。

サステナビリティに関する考え方

CTCグループのマテリアリティ(重要課題)

ITを通じた社会課題の解決

  • 先進技術のたゆまぬ追求
  • 様々なパートナーとのビジネス共創の推進
  • 安心で安全なITサービスの提供

明日を支える人材の創出

  • 多様なプロフェッショナルの育成
  • 互いを尊重し高めあえる風土の醸成
  • 未来を創る人材教育への貢献

責任ある企業活動の実行

  • 実効性あるガバナンスの強化
  • 気候変動対応への貢献
  • 一人ひとりの責任ある行動の実践

マテリアリティ(重要課題)の特定プロセス

STEP1.検討すべき重要項目の把握・整理

GRIスタンダードやSASB、SDGsなど国際的枠組やSRI機関の開示要請項目などを勘案し、候補をリストアップしました。

イメージ:検討すべき重要項目の把握・整理

STEP2.アンケート調査による重要度評価

重要課題の候補リストについて、ステークホルダーおよび経営層を対象にアンケート調査を実施し、各項目の重要度を評価いただきました。

イメージ:アンケート調査による重要度評価

STEP3.マテリアリティ案の妥当性を討議

調査結果から経営への影響およびステークホルダーへの影響を数値化し、マテリアリティマップを作成しました。双方への影響から優先的に取り組むべきマテリアリティ項目を抽出し、新マテリアリティの素案と考え方について、サステナビリティ委員会や経営層と討議を実施しました。

イメージ:マテリアリティ案の妥当性を討議

STEP4.マテリアリティの特定

案の最終化に向け、経営トップの意見を反映しよりわかりやすい表現にした後、2021年4月の経営会議、取締役会を経て正式に更新しました。

イメージ:マテリアリティの特定
  • このページについてツイッターでツイート(新しいウィンドウで開く)
  • このページをフェイスブックでシェア(新しいウィンドウで開く)