社長挨拶

IT for the PEOPLE

代表取締役社長 柘植 一郎

代表取締役社長
柘植 一郎

現在、気候変動や社会的格差の拡大、国内での少子高齢化など、社会は様々な困難に直面しています。社会課題の解決につながるようなITが急速に発達している一方で、デジタル・ディバイドの解消を含めた新たな課題も生じ始めています。

CTCは今年、「明日を変えるITの可能性に挑み、夢のある豊かな社会の実現に貢献する。」という使命に基づき、社会的な責任を果たして企業として更に成長するためにマテリアリティ(重要課題)を特定し直しました。「ITを通じた社会課題の解決」、「明日を支える人材の創出」、「責任ある企業活動の実行」の3つの課題を柱として、ビジネスを通じて持続可能な社会の実現を目指します。

また企業理念と新しいマテリアリティを前提に、2021~2023年度を計画期間とする3ヶ年中期経営計画「Beyond the Horizons ~その先の未来へ~」を策定しました。DX支援や共創ビジネスの拡大を主軸とした「Accelerate」、5Gやクラウドビジネスの拡大を目指した「Expand」、人材育成と経営基盤の強化を意図した「Upgrade」という3つの基本方針で一層の成長を図っていきます。

今年6月にはグループ連携の強化、新しい働き方への対応及びニューノーマルを見据えたオフィス変革を目的にCTCグループの東京地区オフィスの移転統合を実施し、気持ちを新たに社業に臨んでいます。スローガン「Challenging Tomorrow's Changes」の示す「挑戦する文化」を今一度見つめなおし、デジタル技術とそれを活かす技(わざ)で多くの人々がその恩恵を受けられる社会づくりに引き続き挑戦していきます。

  • このページについてツイッターでツイート(新しいウィンドウで開く)
  • このページをフェイスブックでシェア(新しいウィンドウで開く)