JapaneseEnglish

ニュース

プレスリリース

CTCS、ソフトウェアロボットソリューションの提供を開始

RPAツールなど最適なツールを連携し生産性向上

CTCシステムマネジメント株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)のグループ会社で、システム運用をはじめとしたITサービスを提供するCTCシステムマネジメント株式会社(代表取締役社長:宮脇 茂雄、本社:東京都千代田区、以下:CTCS)は、複数のRPA(Robotic Process Automation)ツールを組み合わせて業務を自動化するソフトウェアロボットソリューションの提供を本日から開始します。働き方改革や生産性向上を推進する企業を対象に、1年間で20社の導入を目指します。

現在企業は、生産性向上を目的として、RPAツールを用いた業務の自動化に取り組んでいます。見積りの作成や請求書の発行など、多くの業務でメールやMicrosoft Officeなど汎用的なアプリケーションや、個別に開発した基幹系アプリケーションが利用されています。業務の生産性を向上させるには様々なシステムに対応したツールが必要です。

CTCSが提供するソフトウェアロボットソリューションは、複数のRPAツールや特定アプリケーション向けの自動化ツールを組み合わせて業務全体の自動化を実現します。

使用する自動化ツールは、エクセルでの作業の自動化に特化したツール「xoBlos(ゾブロス)」、デスクトップでの一般的な事務作業の自動化に適したRPAツール「WinActor」、カスタマイズ性に優れ複雑な作業や個別開発された業務システムの操作に適したRPAツール「パトロールロボコン」の3つです。

導入する部署の業務の特性やアプリケーション、システムなどに合せて最適なツールを選択し、それぞれのツールを連携させることで単独のRPAツールでは対応が難しい一連の業務を自動化します。

CTCSは、RPAツールを用いたシステム運用サービスでの実績をもとに、PoC(Proof of Concept;仮説検証)から、導入や維持管理までを支援します。また、障害時の技術支援を含めた一元的なサポート窓口も用意しており、ツールごとにメーカーに問い合わせる必要はなく、運用担当者の負担を軽減します。

今後CTCSは、RPAツールのラインアップの拡充やリモートでのソフトウェアロボットの維持管理サービスの提供も視野に、お客様の業務の自動化を通した生産性の向上に貢献していきます。

ソフトウェアロボットソリューション

  • PoC支援サービス [50万円~]
    RPAツールを適用できるかの判定やツール導入による効果測定の実施。
  • 導入サービス [都度見積]
    要件ヒアリングとソフトウェアロボットの実装。
    動作説明や使用方法のレクチャーなどの管理者向けトレーニングの実施。
  • 維持管理サービス [月額15万円~]
    ソフトウェアロボットの監視やメンテナンス、軽微な改修。
    運用の状況報告と課題の共有のための定例報告会の開催。

ソフトウェアロボットソリューションWebサイト

http://www.ctcs.co.jp/service/srs/

  • 「xoBlos(ゾブロス)」は、デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社の登録商標です。
  • 「WinActor」は日本国内におけるNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。
  • 「パトロールロボコン」は、株式会社コムスクエアの登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

CTCシステムマネジメント株式会社
デジタルマーケティング部

TEL:03-5210-8040
E-Mail:ctcs-press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る