JapaneseEnglish

ニュース

プレスリリース

ネットアップのAIコンバージドインフラ「NetApp ONTAP AI」を国内で初めて取り扱い開始

膨大なデータの統合管理と連携を実現

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)は、ネットアップ合同会社(代表執行役員社長:岩上 純一、本社:東京都中央区、以下:ネットアップ)の、AIに最適なコンバージドインフラ「NetApp ONTAP AI(以下、ONTAP AI)」の取り扱いを国内で初めて本日から開始します。NetApp ONTAP AIは、ネットアップとNVIDIA Corporation(本社:米国カリフォルニア州、以下:NVIDIA社)が共同で設計し、NetApp AFF A800とNVIDIA® DGX-1™ を統合してAI及びディープラーニングの利用に最適化した検証済みのリファレンス アーキテクチャです。

AIを活用して業務の自動化や予測の高度化を図る、製造業や情報サービス業、流通業の企業を中心に展開し、ONTAP AIを使用したAIシステムの構築や運用サービスと合わせて3年間で20億円の売上を目指します。

近年、AIの実用化が急速に進んでいますが、計算の速度や正確さを確保してビジネスで活用するには、高性能なコンピューティングリソースが求められます。また、使用する環境や目的、計算対象に応じた検証や開発のための環境構築にも多くの時間がかかります。

ONTAP AIは、クラウドとのデータ連携や分析の高速化に優れたオールフラッシュストレージNetApp AFF A800と、ペタFLOPSの演算性能を持つNVIDIA DGX-1システムを統合したAI向けコンバージドインフラです。Cisco Systemsの、Cisco Nexus 3232C 100Gbイーサネットスイッチで各機器を相互接続しており、高性能な分散コンピューティングを実現しています。スモールスタートでの利用から開始することもでき、データの増大にあわせてシステムを停止することなく拡張することが可能です。また、クラウドとオンプレミス全体でのデータ管理を実現するネットアップの「データファブリック」の仕組みにより、クラウド上のデータやGPUリソースとの連携、データのバックアップ、アーカイブなどの効率化が可能になります。

CTCは、AIシステムの構築実績を基に設計したAI活用のためのハイブリッドクラウド環境「CTC Integrated AI Platform Stack」を提供しています。また、ONTAP AIを構成するNetApp AFF A800、NVIDIA DGX-1、Cisco Nexus 3232Cの各製品は、各社のパートナーとして既にシステム構築の実績もあります。

既存システムとの連携やフロントエンドの開発などを含めて、ONTAP AIの導入設計から各種の設定、運用をサポートします。また、マルチベンダーで総合的な検証や研究開発を行うCTCの施設「テクニカルソリューションセンター(TSC)」でONTAP AIを配備し、お客様の目的に応じた検証を行います。

今後もCTCは、ネットアップ及びNVIDIA社と連携しAI活用によるお客様のデジタルトランスフォーメーションに貢献していきます。

NetApp ONTAP AI

NetApp ONTAP AI

報道機関からのお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る