JapaneseEnglish

対話型AIチャットボットサービス「SmartRobot」

自然言語処理の膨大なナレッジベースを活用したAIチャットボット

チャットボットを活用したコミュニケーションが、業務効率化を実現する有効な手法として普及しつつあります。主な要因としては、メッセージングアプリ使用者の急増と、人工知能の急速な進化が挙げられます。自然言語処理の技術が発達し、機械が人間の発する曖昧な言葉を解釈して意図を読み取り返事ができるようになったことがAIチャットボットへの関心を高めています。

利用例

チャットボットの代表的な利用例が、コールセンターやカスタマーサポートです。チャットボットはデータベースの中から適切な回答を検索し、回答します。対応できない場合にはオペレーターに引き継ぐなど、多段階で対応します。

コールセンター、カスタマーサポートにおけるチャットボットが期待されている役割として、以下が挙げられています。

 

●顧客との会話や選択肢を受けて返信・提案ができる

●対応しきれない場合はオペレーターへ回答を引き継ぐ

24時間対応できる

●同時に複数の顧客に対して対応できる

 

他にも、多言語対応による訪日外国人向けサービス強化や、社内の情報システムの設定・操作に関する質問への回答など、様々な場面で活用することができます。

SmartRobotの特長

SmartRobotは音声認識、音声対話、自然言語分析、知識検索などを統合した対話型AIサービスのプラットフォームで、このプラットフォームから提供するサービスの1つがチャットボットです。仮想顧客アシスタント(VCA)が問い合わせを自動化することで、労務コストの削減と顧客満足度の向上を実現します。

 

自然言語処理能力や知識検索機能を搭載し、テキストや音声などの会話履歴から機械学習することで会話の理解精度が向上します。会話のように自然なコミュニケーションを取ることができるようになります。

 

Facebook MessengerLINEなどの各種SNSAmazon EchoGoogle Homeなどのスマートスピーカーを用いた音声認識での活用、デジタルサイネージや人型ロボットなど様々なデバイスに対応しています。用途に応じて、柔軟にカスタマイズが可能です。

 

特長1

オンラインのテキストチャットによる問い合わせ

通常はテキストチャットで問い合わせを受けますが、チャットボットのエンジンであるインテリジェントロボットが質問に対応できない場合、チャット履歴をオペレーターに転送することで、途切れることなく問い合わせに対応できます。APIを通して、既存のCTI/CRMシステムに組み込むことが可能です。

特長2

ナレッジマネジメント

インテリジェントロボットは知識ベースに保存されている知識を基に質問に返答し、同時にチャット履歴を知識ベースに保存・分析します。テキストや音声などの過去の会話履歴から機械学習することでスマートな会話ができるようになります。

特長3

自然言語分析

自然言語分析技術によって顧客からの質問を解析し、テキストマイニングを使って、知識ベースに保存しておいたデータと関連性の高いものを回答として返答します。

特長4

意味解析

同義語の検索・識別に対応し、言葉の表現が違っても意味が同じであれば同義語として扱って回答します。管理画面で同義語の追加・編集が可能で、異なる言葉を入力しても、同義語として設定することで同じ結果を表示することができます。

特長5

文脈依存の判断

顧客からの問い合わせ履歴を毎回保存しています。過去の問い合わせで似た質問があった場合は、文脈依存を判断し、類似するものを履歴の中から見つけて回答します。

特長6

タイプミスの認識

スペルチェック機能で誤字・同音異義語・方言の修正に対応しているため、タイプミスによって文章全体の意味が誤認識されることなく、正しく認識して回答を表示します。

Intumit社について

SmartRobotは、台湾のIntumit社(社名:碩網資訊股份有限公司、日本名:インツミット株式会社、本社:台湾新北市、代表取締役:邱仁鈿、以下:インツミット)が開発したAIプラットフォームです。インツミットはMIT(マサチューセッツ州工科大学)内にラボを設けており、MITや台湾大学の優秀な技術者が集結した頭脳集団です。台湾では、インツミットはビッグデータ&AIソリューションにおいて500社超の導入実績があり、主要銀行の80%がSmartRobotを採用しています。

ご相談ください

サービスの詳細、ご不明点などは下記お問い合わせフォームから、または当社営業担当までお問い合わせください。

お問い合せはこちらから

お問い合わせフォーム
トップに戻る