品質向上活動

品質方針

私たちは先進テクノロジーを一人一人の技(わざ)に変え
お客様のデジタル変革に高品質なITサービスで応えます

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
CTO/取締役 兼 専務執行役員
大久保 忠崇

ISO9001

品質向上への取り組み

CTCグループでは、下記品質向上への取り組みを実施しています。

品質向上への取り組み

システム開発品質向上の取り組み

SIプロセス品質を確保し、開発・SIの品質を高めます。

SINAVIの整備・適用

開発における作業品質や生産性の向上等を目指し、各種作業の標準化を推進しています。 プロジェクトマネジメント、品質マネジメント、開発プロセス、開発環境の標準化を進め、体系化したSI標準体系(SINAVI)を整備し、積極的に開発案件に適用しています。また、国内外のパートナーへの適用を推進し、統合的な品質向上を目指しています。

SINAVI

SINAVI(P) プロジェクト管理:健全なプロジェクトの推進

CTCでは、プロジェクトマネージャのためのガイドラインを整備し、健全なプロジェクト運営のための具体的な知識を共有しています。また、適正なプロジェクト統制が行なわれる体制を構築しています。

SINAVI(Q) 品質管理:ISO9001に準拠した品質マネジメントシステム

CTCでは、お客さまの品質要求にもとづくシステムを提供するため、全社的な組織活動を行っています。品質マネジメントシステム(CQMS)を構築し、多くの組織がISO9001の認証を取得しています。

SINAVI(M) 標準プロセス:標準化された開発プロセス・インフラ構築プロセス

CTCでは、標準的な開発プロセスやインフラ構築プロセスを確立しています。関係者間で早期に開発の進め方と成果物イメージを共有してプロジェクトを進めています。

標準化:標準プロセス

SINAVI(E) 開発環境:業界標準に則した開発環境

CTCでは、業界標準のOSSを基盤とする開発フレームワークを整備しています。積極的に開発支援ツールを導入し、開発の品質向上と効率化を推進しています。

製品品質向上の取り組み

製品品質を確保し、インフラ構築の品質を高めます。

製品品質向上のための施策

製品品質向上のため、次のような施策に取組んでいます。

(1)製品ベンダーとの品質会議

製品品質向上のため、製品ベンダーとの頻繁なコミュニケーションを取っています。
主要な製品ベンダーとは、品質目標を共有し月1回の品質会議を開催しています。
品質会議では製品ベンダーに対し、お客様の声や品質状況を報告すると共に、積極的な対応を要請しています。
また必要に応じ、海外の製品ベンダーの品質最高責任者を交えたQuality Forumを開催し十分なコミュニケーションを取ることで品質向上を図っております。

(2)品質マネジメント

出荷検査業務の様子

顧客満足度の向上、製品品質向上のため、品質マネジメントシステムを構築し継続的なプロセス改善に取り組んでいます。

には、出荷検査業務においてISO9001:2000認証を取得いたしました。

保守・運用品質向上の取り組み

安心かつ安全な保守・運用サービスを提供します。

保守・運用品質向上のための施策

お客様のビジネスを支える、安全で安定したシステムを提供するために次のような施策に取り組んでいます。

品質マネジメント+ヒューマンエラーゼロ活動

顧客満足度向上、品質向上のため、品質マネジメントシステムを構築し、継続的なプロセス改善に取り組んでいます。
また、各種作業の手順を作成するシステムエンジニア(SE)、実際の作業を担当するカスタマーエンジニア(CE)の人的ミスを低減し、作業品質の向上をはかるためにヒューマンエラーゼロ(HEZ)活動に取り組んでいます。
年間を通じKY(危険予知)研修を実施し、SE,CEの意識向上を図っています。

品質マネジメント+ヒューマンエラーゼロ活動
  • このページについてツイッターでツイート(新しいウィンドウで開く)
  • このページをフェイスブックでシェア(新しいウィンドウで開く)