NVIDIA社製AIシステムの最上位機種を販売開始

NVIDIA社の「エリートパートナー」としてお客様のAI導入と活用をサポート

PDF(211KB)

2018年12月18日 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)は、米NVIDIA Corporation(本社:アメリカ合衆国カリフォルニア州、以下:NVIDIA社<キストタブに元ページからテキストをコピペした後、該当箇所をタグで囲む ※1)が提供する既存モデルの10倍のディープラーニング性能を実現するAIシステムの最上位機種「NVIDIA® DGX-2™」の販売を本日から開始します。ディープラーニング技術を活用して業務の自動化や予測の高度化を図る製造業や情報サービス業、流通業のお客様を中心に提供し、DGX-2を含めたAIシステムの構築や運用サービスと合わせて3年間で40億円の売上を目指します。

この度CTCが取り扱いを開始するDGX-2は、NVIDIA社が並列コンピューティングやディープラーニングに向けてハードウェアのアーキテクチャを最適化したAIシステムの最上位機種です。16基のGPU「NVIDIA® Tesla™ V100」を搭載し、既存モデルの「NVIDIA® DGX-1™」の約2倍となる2ペタFLOPS(1秒間に2,000兆回の浮動小数点数演算)の性能を実現します。全てのGPUを相互接続するバススイッチ「NVIDIA NVSwitch™」によりGPU間をつなぐ帯域幅も24倍の2.4TB/秒となり、通信やディープラーニングのソフトウェアも改善してハードとソフト両面の性能向上により学習性能をDGX-1の10倍に向上しています。

多くの企業が業務へのAI適用に本格的に取り組むようになり、大規模なAI利用の高速化と運用の簡素化が一層求められるようになりました。お客様は、大幅に性能向上したDGX-2を利用することで、開発・検証環境の準備に時間を費やすことなく、より大容量で複雑なデータの並列処理が高速に行えるようになり、大規模なディープラーニングに取り組むことができます。NVIDIA社が提供するGPU対応のクラウドプラットフォームによって、DGX-2のハードウェアについての状態確認やソフトウェアの最新版への更新なども簡単に行えます。

CTCは、2017年9月からDGXシリーズの提供を開始しており、AI活用のためのハイブリッドクラウド環境の提供や製造業やサービス業でのディープラーニングシステムの構築などの実績があります。今回、これまでのNVIDIA社の「エリートパートナー」資格に加え、新たにDGX-2の販売パートナーである「Advanced Technology Program」のメンバーとなり、既存システムとの連携やフロントエンドの開発などを含め、DGX-2の導入設計から各種の設定、運用でお客様をサポートします。

今後もCTCは最先端のAI環境の提供を通じて、お客様の更なる業務効率化やデジタルトランスフォーメーションに貢献していきます。

NVIDIA DGX-2

NVIDIA DGX-2
  • ※1 NVIDIA社は1999年に世界で初めて高度な画像処理を行うためのプロセッサであるGPU(Graphics Processing Unit)を開発しました。高度な並列演算性能を備えた点が特徴で、2006年からは、AI(ディープラーニング)や科学シミュレーションにも活用されるようになり、近年のAIの爆発的な進化を支えています。

報道機関からのお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

E-mail:press@ctc-g.co.jp

Webフォームからのお問い合わせ新しいウィンドウで開く

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

  • このページについてツイッターでツイート(新しいウィンドウで開く)
  • このページをフェイスブックでシェア(新しいウィンドウで開く)