JapaneseEnglish

ニュース

プレスリリース

伊予銀行の健康経営をクラウドとウェアラブル端末で支援

従業員の健康意識を高め、生活習慣の改善など自律的な行動変容を促す

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)は、株式会社伊予銀行(取締役頭取:三好賢治、本店:愛媛県松山市)に、社員の健康情報をクラウドで一元的に管理し、健康経営を総合的に支援するウェルネス・コミュニケーションズ株式会社のクラウドサービス「Health Support System(H.S.S.、ヘルスサポートシステム)」を提供しました。また、従業員の健康意識を高め生活習慣の改善などの自律的な行動変容を促すFitbit(NYSE:FIT)のウェアラブル端末Inspire HR™とデータ管理基盤も提供しました。

伊予銀行は、企業の持続的成長を支えるのは従業員であるとの認識のもと、2015年に「健康経営宣言」を行い、ワーク・ライフ・バランスの推進とともに、従業員の健康意識向上支援、人間ドック受診率向上、メンタルヘルスケアの推進など従業員の健康維持・増進を目的とした施策を展開しています。

今回伊予銀行は、健康診断やストレスチェックをなどのデータをもとに疾病の早期発見や重症化予防につなげる、健康経営の「ハイリスクアプローチ」の強化施策として「H.S.S.」を導入しました。H.S.S.は、健康診断データ、就労データ、ストレスチェックデータの一元管理を通し、企業の健康経営をサポートするクラウドサービスです。

また、従業員の健康意識を高め、運動や食生活を含めた生活習慣の自律的な改善を促す「ポピュレーションアプローチ」として、Fitbitのウェアラブル端末Inspire HR™を希望する全役職員に配布しました。

CTCは、既にH.S.S.やFitbitに関連したシステム提供実績もあり、自社の働き方変革や健康経営の取り組みで得たノウハウも活用して、「ハイリスクアプローチ」と「ポピュレーションアプローチ」をベースにした伊予銀行の更なる健康経営に貢献していきます。

伊予銀行の健康経営アプローチ

伊予銀行の健康経営アプローチ
  • 「健康経営®」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る