JapaneseEnglish

ニュース

プレスリリース

CyberArk社のセキュリティソリューションを販売開始

特権アクセス管理のセキュリティ高度化/自動化

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

CyberArk Software株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)は、CyberArk Software株式会社(執行役社長:智田公徳、本社:東京都千代田区、以下:CyberArk社)の、システムのメンテナンスや監査で必要となる特権アカウントの管理ソリューション「Privileged Access Security」の提供を本日から開始します。価格は500万円(税抜)からで、システムセキュリティの強化やオンプレミスとクラウドの効率的な管理を検討するお客様を中心に、既存システムとの連携や環境構築を含めて展開し、1年間で10社の受注を目指します。

特権アカウントとは、サーバやデータベースなどの機器やシステムに設定された、すべての権限を備えたユーザーアカウントです。セキュリティ強化のためのソフトウェア更新やメンテナンス、システム監査などの作業では、特権アカウントが必要になりますが、保有している権限のため、最大限のリスクを考慮して厳重に管理し運用する必要があります。ただ、高いセキュリティを保つことで管理工数が膨大となるため、業務の効率化が課題となっています。

CyberArk社のPrivileged Access Securityは、OSやミドルウェアに加えて、ハードウェア製品、クラウドサービスも含めたアカウントの一元管理を実現するソリューションです。ユーザーは、Privileged Access Securityを通して、あらかじめ設定された権限に基づき様々なシステムにアクセスするため、手動によるシステム毎の権限管理が不要になります。また、時間帯や不規則性などから推測した、システムへの疑いのあるアクセスを検知する機能も備えています。

人が作業を行うためのユーザーアカウントに加えてシステムアカウントも管理ができ、コンテナやCI/CD(Continuous Integration/Continuous Delivery)ツールとも連携するため、柔軟性が求められるDevOps環境でも高いセキュリティを保つことが可能です。

CTCは、長年のセキュリティサービスの提供や、DevOps環境を含めた大規模システム構築実績に基づき、Privileged Access Securityの提供に伴い既存システムとの連携や設定、運用支援を行います。CyberArk社とともに、今後もお客様システムの更なるセキュリティ強化に貢献していきます。

CyberArk特権アクセス管理ソリューションのイメージ図

CyberArk特権アクセス管理ソリューションのイメージ図

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る